C3 コルベット。 コルベットC3の絶妙なボディラインが魅力的!気になる燃費性能や価格は?

【旧車】シボレー・コルベットC3│ゼネラルモータース コークボトルという異名を持つ、The アメリカンなスポーツカー

コルベット C3 コルベット C3

🤙 大排気量でクラシックカーにも関わらずこの燃費であれば納得できる燃費性能だと言えます。

2
歴代コルベットからフレーム構造を引き継ぎ、C5型で採用されたハイドロフォームによって成型される、フロアの周囲にフレームを巡らせたスチール製ペリメーターフレームを基本に、ボックス断面のセンタートンネルなどを組み合わせたフレーム構造を有する。

シボレー コルベット C3 (CHEVROLET CORVETTE)

コルベット C3 コルベット C3

✌ エクステリアでは大幅な変更があり、クーペモデルではC3形後期から採用されていたラップアラウンド形のリアウィンドウが廃止され、通常のノッチバック式となった。 もっとも変わったのはリアウインドー回りで、リアウインドーがスラントしたハッチゲートになり、実質的にカーゴルームの容量が大きくなっている。

エイブルは何度も取材しているので知っているのだが、ショップのコンセプトに賛同する部分が多い。 「アイアン、アイアン」とみな口を揃えていうが(もちろんカッコイイ)、どっこい後期型にも今だからこそ伝わるコルベットとしての「華」が見えるのである。

【旧車】シボレー・コルベットC3│ゼネラルモータース コークボトルという異名を持つ、The アメリカンなスポーツカー

コルベット C3 コルベット C3

🤪 恐らく納車整備で足回りのブッシュ類を交換していることと、装着しているコニクラシックのショックによるものだろうと思われるが、すでに34年前の車両がこれだけ安定して走るのだから十分なレベルといっても過言ではないだろう。

4
コールはためらうことなく、この提案を受け入れた。 その高性能振りを物語るエピソードとして、各地で行なわれていた24時間スピード競技で数々の世界記録を打ち立てるなどの快挙がある。

【旧車】シボレー・コルベットC3│ゼネラルモータース コークボトルという異名を持つ、The アメリカンなスポーツカー

コルベット C3 コルベット C3

⚓ 直噴システムとアクティブフューエルマネージメント、連続可変バルブタイミング、パワーと低燃費を両立させた先進的燃焼システムを採用し、最大トルク610N・mと最高出力335kW(450hp)を発揮、0-60mph加速は4秒以下コーナリング時の最大横Gは1Gを超える性能を備えている。 販売期間 - 2人 2ドアクーペ 2ドアコンバーチブル GM LT型 5. スティングレイ(stingray)とはの意である。 トランスミッションは7速MT、6速AT、8速ATを搭載する。

7
パワー感を見事デザインとして表現したマッチョなスタイルこそアメリカ的オリジナリティだと思うからである。

クビレたSEXYボディに惚れた人が続出!?歴代コルベットで最も人気があったC3ってどんなクルマ?

コルベット C3 コルベット C3

⚓ 具体的に言えば、80年にはデザイン変更が行われ一年間のみ5. 「ホントにこんなの購入していいの?」と自問自答したが、近ごろ右を見ても左を見てもおんなじ形の車ばかり。 コルベットに先立つ、 がのデザイナー、と英国のエンジニア、ドナルド・ヒーレーのパートナーシップのもと、2シータースポーツカー、ナッシュ・ヒーレーの販売を始めたが、ほとんど価格の高いモデルばかりだった。 を標準装備、タイヤも太いものにグレードアップされた。

3
車種の特徴 「シボレーコルベット」は、ゼネラルモーターズのシボレーブランドからリリースされたスポーツカーです。

シボレー コルベット C3(CHEVROLET CORVETTE)

コルベット C3 コルベット C3

😁 ヨーロッパやアメリカの旧車まで多様な車種を取り扱っている。 これはハードなスプリングレート、・製、ワイドタイヤなどを組み込んだ仕様で、ノーマルでは4速ATが選択できたが、4速MTしか設定されていない硬派な仕様だった。

12
驚いたことに、エンジンは一発始動。