次 世代 通信 関連 アジア 株式 戦略 ファンド。 次世代通信関連 世界株式戦略ファンド(愛称:THE 5G)

次世代通信関連 アジア株式戦略ファンド

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

🙌 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。

9
世界的に「5G」「AI」「IoT」「クラウド」「SaaS」といった銘柄が買われているのはこのためです。 「5G」「IoT」「AI」といった次世代テクノロジーがディスラプティブを推し進める原動力と考えられているため、テーマは「THE 5G」と似ているところも多いでしょう。

【投資信託】次世代通信関連アジア株式戦略ファンドの取扱開始について

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

☢ )に投資します。

16
4%を占める組み入れトップ銘柄がテスラだからでしょう。 2019年は同じクラスのファンド254ファンド中10位の好成績でした。

次世代通信関連アジア株式戦略F:基準価格・チャート投資信託

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

👐 そのため、投資する前にしっかりと検討する必要があると言えます。 投資信託評価のモーニングスター分類では「国際株式・グローバル(日本を含む)型」に分類されます。 1%と米国が中心となっています。

2020年7月28日時点での純資産総額は、約2,176億円まで減少。 本資料は三井住友信託銀行が作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。

次世代通信関連 アジア株式戦略ファンド|三井住友トラスト・アセットマネジメント

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

🌏 これだけ高パフォーマンスが出ている背景には、2020年6月末の組み入れ比率で8. 「THE ASIA 5G」では、日本を含むアジア諸国・地域以外の国・地域の企業が発行する株式への投資比率を純資産総額の40%以下とする。 取扱窓口 対面(支部店)、ホームトレード 販売用資料 ご投資にあたっての注意事項 手数料等およびリスクについて• 企業のファンダメンタルズ分析と株価バリュエーションに基づく銘柄選択を基本としたアクティブ運用を行います。

6
ただ米国や中国が2019年から5Gサービスを開始、日本でも2020年3月からNTTドコモが5Gサービスを開始し「5G」の注目度は世界的に大きく上昇。 そのため「5G」ファンドといっても、大型ハイテクファンドに近いポートフォリオにならざるを得ないといえるでしょう。

『次世代通信関連 アジア株式戦略ファンド (愛称:THE ASIA 5G)』の取扱開始のご案内

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

🐾 89%と好成績です。 掲載情報をご利用されたこと、若しくは、情報を利用できなかったことによって生じたいかなる損害についても、当協会は一切の責任を負いません。

「THE 5G」の19年12月末時点のポートフォリオをみると、組入上位国は米国64.35%、日本8.74%、中国6.07%と米国企業のウエイトが高い。 一歩先の投資テーマ(革新的技術)というよりもGAFA(ガーファ:グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンの頭文字)といわれるIT系企業がポートフォリオとなっています。

厳選集中投資ファンド一覧│選りすぐりの銘柄に投資する「厳選集中投資ファンド」特集│SMBC日興証券

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

😊 リターンは設定来で39. 投資信託は値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。 3%が組み入れ上位5社です。 今日は、次世代通信関連 世界株式戦略ファンドについて 独自目線で分析していきます。

20
The 5G 大和住銀DC 1年 29. 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。

64311202 銘柄

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

🔥 2020年7月28日時点における「THE ASIA 5G」の純資産総額は約240億円(2020年7月20日)です。

8
本ライブラリーで交付目論見書PDFを閲覧・ダウンロードして頂いても、交付目論見書の電子交付を受けたことにはならないことにご留意ください。 56%と一気にリターンが上昇します。

次世代通信関連アジア株式戦略F:基準価格・チャート投資信託

通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連 通信 株式 戦略 アジア 次 ファンド 世代 関連

☣ 新しく求められる「ニューノーマル」という新生活習慣においては、さまざまな国や産業で構造変化が加速する可能性が高いでしょう。 ヘルスケアが多いことが、ほかのファンドと異なります。 そして2020年代。

2
25年までに世界最大の5G地域になるとの観測があるアジア地域の成長企業を取り込めるかがパフォーマンスの鍵となる。 さらに細別した産業別分野では、通信インフラ関連銘柄32. 各ファンドにかかる費用の詳細は最新の契約締結前交付書面(目論見書・目論見書補完書面)等でご確認ください。