独占 禁止 法。 独占禁止法とは

独占禁止法とは?私的独占・不当な取引制限・不公正な取引方法等を禁止した法律

法 独占 禁止 法 独占 禁止

🤔 第七章 差止請求及び損害賠償 (差止請求権) 第二十四条 第八条第五号又は第十九条の規定に違反する行為によつてその利益を侵害され、又は侵害されるおそれがある者は、これにより著しい損害を生じ、又は生ずるおそれがあるときは、その利益を侵害する事業者若しくは事業者団体又は侵害するおそれがある事業者若しくは事業者団体に対し、その侵害の停止又は予防を請求することができる。

17
この項目では、企業連合や談合などについて説明しています。

独占禁止法

法 独占 禁止 法 独占 禁止

😗 5 第一項の場合において、当該事業者が次のいずれかに該当する者であるときは、同項中「百分の十」とあるのは「百分の四」と、「百分の三」とあるのは「百分の一・二」と、「百分の二」とあるのは「百分の一」とする。 かつて判例法で合理性のある場合に限って域外適用を認めていた。 この場合において、公正取引委員会は、第三者の利益を害するおそれがあるときその他正当な理由があるときでなければ、その閲覧又は謄写を拒むことができない。

2
)を営む会社(持株会社を除く。

独占禁止法の概要:公正取引委員会

法 独占 禁止 法 独占 禁止

👣 一 差し押さえるべき記録媒体に記録された電磁的記録を他の記録媒体に複写し、印刷し、又は移転した上、当該他の記録媒体を差し押さえること。 参考文献 [編集 ]• また,審判手続が開始された事件については,同事件の「利害関係人」は,審判事件記録の閲覧又は謄写を申請することができます。 )に対して出頭を求め、犯則嫌疑者等に対して質問し、犯則嫌疑者等が所持し若しくは置き去つた物件を検査し、又は犯則嫌疑者等が任意に提出し若しくは置き去つた物件を領置することができる。

4 意見聴取の期日における意見聴取は、公開しない。

よくある質問コーナー(独占禁止法):公正取引委員会

法 独占 禁止 法 独占 禁止

💔 ただし、当該事業者が当該行為に係る行為について第七条の二第一項若しくは第四項の規定による命令、同条第十八項若しくは第二十一項の規定による通知若しくは第六十三条第二項の規定による決定を受けたとき、又はこの条の規定による課徴金の額が百万円未満であるときは、その納付を命ずることができない。 一 排除確保措置の内容 二 排除確保措置の実施期限 三 その他公正取引委員会規則で定める事項 3 公正取引委員会は、第一項の規定による認定の申請があつた場合において、その排除確保措置計画が次の各号のいずれにも適合すると認めるときは、その認定をするものとする。

2
附則(昭和二七年七月三一日法律第二六八号) 抄 1 この法律は、昭和二十七年八月一日から施行する。

独占禁止法と独占販売権について分かりやすく解説

法 独占 禁止 法 独占 禁止

🙏 A. 取引相手の事業活動を不当に拘束するような条件を付けて取引することは,不公正な取引方法(拘束条件付取引)として禁止されています。

及び第四項、第八条の二第一項及び第三項、第十七条の二、第二十条第一項並びに第二十条の二から第二十条の六までの規定は、公正取引委員会が前条第三項の認定 同条第八項の規定による変更の認定を含む。

私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律(昭和二十二年法律第五十四号):公正取引委員会

法 独占 禁止 法 独占 禁止

☏ 若しくは第四項又は第二十条の二から第二十条の六までの規定による命令について準用する。

3
)の当該承継の対象部分に係る国内売上高が三十億円を下回らない範囲内において政令で定める金額を超えるとき。

カルテル

法 独占 禁止 法 独占 禁止

🤩 )に係る国内売上高合計額が二百億円を下回らない範囲内において政令で定める金額を超え、かつ、他のいずれか一の会社(全部承継会社に限る。 以下同じ。

、 、、、、、、などは、各国の政治・法律と私的自治の論理によって規制を免れてきた。

独占禁止法の概要:公正取引委員会

法 独占 禁止 法 独占 禁止

🖐 (5)前項の請求があつた場合においては、地方裁判所又は簡易裁判所の裁判官は、臨検すべき場所、捜索すべき場所、身体若しくは物件、差し押さえるべき物件又は記録させ、若しくは印刷させるべき電磁的記録及びこれを記録させ、若しくは印刷させるべき者並びに請求者の官職及び氏名、有効期間、その期間経過後は執行に着手することができずこれを返還しなければならない旨、交付の年月日並びに裁判所名を記載し、自己の記名押印した許可状を委員会職員に交付しなければならない。

15
上智大学法学部 教授 楠 茂樹 最近、労務提供をめぐる独占禁止法の適用が注目を浴びています。 サッカーなどスポーツ界では定着している制度です。